婚活でうるさがられないメールや電話の頻度 | 大阪・梅田の結婚相談所JBiで低価格且つエグゼクティブな婚活を

婚活なら大阪梅田の結婚相談所JBiにお任せください

婚活でうるさがられないメールや電話の頻度

結婚相談所のお見合いで交際まで漕ぎ着けたのは良いのですが、メールや電話はどの程度の頻度で行ったらよいのでしょう。

実は婚活での交際と、恋愛での交際では(スタート時)盛り上がりに温度差が有ります。

恋愛は最初から心に火が付いた状態なので、頻繁にメールや長電話をしても互いにウェルカムだと思いますが、婚活はそうはいきません。

前にも申しあげたかと思いますが、婚活での交際スタートは疑心暗鬼な部分も結構あったりします。そんな状態の時に気持ちの赴くままに頻繁にメールや電話をしてしまうと逆効果になる恐れが有りますのでご注意ください。

そもそも婚活の場合、急に交際が始まる感じが強いので、今までの生活習慣にあなたの存在を受け入れる準備が未だできていないのです。急にぐいぐい入り込もうとすると、どうしてもお相手にうるさがられてしまいます。

それではどの程度だったらうるさがられないのでしょうか。

と言うより、どうすればうるさがられないのでしょうか。

1.まずはお相手がメール好きか電話好きかをチェックしましょう

電話は気にならないけどメールは苦手と言う人やその反対で電話が苦手だから極力メールにしてっていう人って間違いなくいらっしゃいます。嫌いなメールをじゃんじゃん送ってこられたら、迷惑以外の何物でもないですよね。また、電話の場合に良く有るのが、お話しすることはそんなに嫌いじゃないけどだらだらと長電話をするのは大嫌いと言う人もいらっしゃいます。当然ですが、お相手の癖を掴むまでは頻度は控え目にすべきです。

2.お相手にプレッシャーを与えない配慮をしていますか。

メールを送るときに、お相手の状況を考えた文面にしていますか。同じ「何時お会いできますか」のメールでも、お相手が休日の日と、お仕事中の日では確認の仕方も違ってきます。「お休みのところごめんなさい。お返事は気が向いた時で結構です。」「お仕事中にごめんなさい。お返事は手の空いた時で結構です。」といった感じで余裕を与えてあげましょう。直ぐに返事を出さないといけないような文面ですとプレッシャーになりますので、終いには「既読スルー」や「未読スルー」の引き金になります。

3.込み入った話をメールや電話で求めようとしていませんか。

メールや電話はお相手の表情が分かりませんので本当の真意が伝わらない時が有ります。ましてや込み入った話だと誤解を生じるときが有りますので、難しい話でしたら触りの部分にして頂くか、簡単な内容だけにしてください。真剣に話し合わなければならないことは必ずお会いしてからにしましょう。

4.お相手が嫌がる話題や荷が重い話を何度も繰り返していませんか。

お相手が嫌がっている話題や荷が重い話題は何となくあなたにも分かるはずです。それでもどうしても聞き出したいからしつこくメールや電話をする人がいますが、これは絶対に避けなければなりません。お相手から「絶対結婚したくない人」に分類されてしまいます。じれったいかも知れませんが、お相手が話してくれるのをじっと待ちましょう。

結局のところメールや電話の理想の頻度はお相手次第ということになります。従って婚活での交際の場合、最初殆どお相手のことが分かっていませんので、メールや電話はデートの約束を取り付ける程度に利用した方がよさそうです。お相手の癖が分かってきてデートの回数を重ねる内に自然とメールや電話のペースが掴めてくると思います。

 

大阪の結婚相談所 JBi は記録を残すために皆さんとのコミュニケーションはメールをメインにさせて頂いておりますが、皆さんの婚活は必ずリアルデートをメインにしてください。

 

#結婚相談所大阪 #結婚相談所梅田 #結婚相談大阪

 

お電話でのお問い合わせ
06-4797-6646
メールでのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
  • 体験版お試し検索
入会についてのお問い合わせ
エグゼクティブコース
スタンダードコース
ナイスミドルコース
パーティー会員
結婚相談所で婚活するポイント
婚活すべきか悩んでらっしゃる方へ
ギブアップしない為の心構え
  • 失敗しない結婚相談所での婚活
  • 独立開業支援
  • 結婚相談所の豆知識
  • 結婚相談所JBiの人気の秘訣
  • 結婚相談カウンセラーのTweets
  • おあいてネットログイン
  • MCSA
  • LINE公式アカウントはじめました!
  • IMS 結婚相手紹介サービス業認定制度 認定証